製品安全

標準化業務

~製品事故の未然防止のために~

 NITE(ナイト)では、製品事故の未然防止のための業務の一環として、以下の業務を行っています。

民間団体等への協力

 民間団体等が行う製品安全に関する技術基準・規格の作成を支援するために、各種委員会等に参加・協力しています。

1.   産業構造審議会 保安 ・消費生活用製品安全分科会 製品安全小委員会
      電気用品整合規格検討ワーキンググループ:(平成26年度~現在
2.   主婦連合会を事務局とする「ISO/PC329 消費者事故調査のガイドライン国内委員会」:R2~4年度(予定)
3.   特定非営利活動法人キッズデザイン協議会を事務局とする委員会
 - 「子どもの安全確保のための製品設計プロセス指針に関するJIS開発」素案作成委員会:H27 年度、
     「子どもの安全確保のための製品設計プロセス指針に関する国際標準化」における委員会:R元 年度~現在
4.    乳幼児用品技術標準化推進協議会 を事務局とする「ISO/TC310国内審議委員会」:R3~6年度(予定)
5.    乳幼児に配慮した製品の共通試験方法- 隙間・開口部による身体挟込みJIS原案委員会:H29~R元年度
 ※令和3年3月に
   JIS S 0121:2021「乳幼児に配慮した製品の共通試験方法-隙間・開口部による身体挟込み」
  が制定された。

6.    乳幼児に配慮した製品の共通試験方法- 部品外れJIS原案作成委員会:H30~R2年度
7.    一般財団法人日本規格協会を事務局とするJIS原案作成委員会
 - ライター:H29年度~現在、収納家具類の安定性(転倒)試験方法-子どもの安全性:H30年度~R元年度
   馬乗り形電動車椅子:H30年度~R元年度
8.    一般財団法人製品安全協会のSG基準専門部会
 - 乳母車:H27年度、入浴用いす:H29年度、棒状つえ:H30~R元年度、ショッピングカート:R元~2年度
   歩行車:R2~3年度(予定)
9.    日本福祉用具・生活支援用具協会を事務局とする委員会
 - 6輪車椅子:H27~28年度、固定形手すり:H27~28年度、車椅子電磁両立性:H27~H28年度
  多脚杖:H28~H30年度、歩行車:H29~H30年度、車椅子用ダミー:H30~R2年度(予定)
  車椅子牽引用レバー:R2年度、車椅子用可搬形スロープ:R2~R3年度(予定)
      ロボット介護機器:H27~現在、福祉用具に関する国際標準化:H27~現在
      ロボット介護機器国際標準化:R元年度~現在
10.    かわさき基準(川崎市独自の福祉用具の認証基準)推進協議会:H27年度
11.  一般財団法人繊維評価協議会による繊維標準化委員会:H27~H28年度
12.  一般財団法人日本エアゾール協会を事務局とする「エアゾール製品の試験法」JIS原案作成委員会
   :H28~29年度
13.  一般財団法人建材試験センターを事務局とする「ブラインド、カーテンのひもの安全性(子どもの安全)
  に関するJIS」開発委員会:H28~29年度
14.  東京都生活文化局を事務局とする東京都商品等安全対策協議会
  - 子供に対する電気ポットの安全対策H30年度、ベビーゲート(乳幼児用移動帽子柵)の安全確保:令和元年度

技術基準・規格等の提案

 消費者用製品を対象に、事故情報等の調査・分析を基にして、重大事故の再発防止・未然防止のための基準・規格案の作成及び提案を行っています。


◆ 乳幼児に対する安全配慮を目的とした製品の共通規格の提案
 乳幼児が触れることのある製品の重大事故を未然に防止することを目的として、製品横断的な共通試験方法を開発しています。
 現在までに開発したものは、以下のとおりです。3.~6.は、「詳細はこちら」をクリックすると、試験方法(案)をダウンロードすることが可能です。

1. 乳幼児に配慮した製品の共通試験方法- 隙間・開口部による身体挟込み
(令和3年3月にJIS S 0121:2021「乳幼児に配慮した製品の共通試験方法-隙間・開口部による身体挟込み」制定)
 ※お知らせ 
機関誌「建材試験情報5・6月号」(一般財団法人建材試験センター)にJIS S0121:2021の概要を紹介した記事が掲載されました。以下のURLをご参照ください。
  https://www.jtccm.or.jp/publication/tabid/602/Default.aspx
2. 乳幼児に配慮した製品の共通試験方法- 部品外れ(令和3年度JIS制定見込み)
3. 乳幼児に配慮した製品の共通試験方法-製品破損(案)

4. 乳幼児に配慮した製品の共通試験方法-鋭利なエッジへの接触(案)、鋭利な先端への接触(案)
5. 乳幼児に配慮した製品の共通試験方法-突起への衣服等のからみつき(案)
6. 電子式チャイルドレジスタンス機能(CR機能)(案)、 機械式チャイルドレジスタンス機能(CR機能)(案)

  共通試験方法のイメージ例

共通試験方法のイメージ例


《 参考 : 乳幼児の安全規格体系 》

 NITEが提案する乳幼児の安全配慮のための規格案は、「乳幼児の安全規格体系」における「グループ共通規格(B規格)」に位置づけられます。

 

  
乳幼児の安全規格体系
乳幼児の安全規格体系

 

◆ 福祉用具の安全配慮を目的とした共通規格の提案

 福祉用具の重大事故の再発防止・未然防止を目的として、福祉用具の製品横断的な共通試験方法案を開発しました。
 以下の「福祉用具共通試験方法はこちら」をクリックすると、各試験方法案のダウンロード画面に変わります。
  

▶▶▶ 福祉用具共通試験方法はこちら

ページトップへ

技術基準体系等の見直し(電気用品安全法)

 消費者へ安全な製品を提供するため家庭で使われるテレビ、冷蔵庫、掃除機など多くの電気製品は「電気用品安全法」の技術基準に適合するなど諸手続きを踏まなければ、事業者は製造、輸入、販売ができないことになっています。NITEでは、事故情報の原因分析等を踏まえながら、電気用品安全法の技術基準及びその体系の見直しに係る提案活動を行っています。
 

*

ページトップへ

製品安全に関するデータ提供

※お知らせ

◆ 高分子破壊データベースについて
 製品設計等に活用できるようNITEで公開していた高分子破壊データベースは、現在、以下の国立研究開発法人物質・材料研究機構のサイトの「MATERIALS DATA REPOSITORY(MDR)」で公開しております。  
https://mdr.nims.go.jp/collections/m326m272m?locale=en

◆ 人間特性データベースについて
 製品設計等に活用できるようNITEで公開していた人間特性データベースは、現在、以下の人間生活工学研究センター(HQL)のサイトの「HQLデータベースサイト」で公開しております。  
 https://www.hql.jp/database/cat/etc/nite_h13-14_funcdb
 https://www.hql.jp/database/cat/etc/nite_h20_funcdb
 

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  技術基準・規格課 標準関係担当

住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ