製品安全

事故情報特記ニュースNo.15

1997.12.8

アルパイン(株)カーオーディオに係わる事故の情報提供について

1.概要

11月、アルパイン(株)社から通産省へ、アルパイン(株)社が製造し、いすゞ自動車(株)、マツダ(株)製及び一部輸入自動車販売会社の自動車に搭載されている、カーオーディオのスピーカーの発火事故についての情報が報告された。
当該カーオーディオは、平成9年4月から11月にかけて11件同様の発火事故を起こしているため、アルパイン(株)は12月8日に新聞等で当該情報を告知し、当該製品の使用中止の要請並びに回収、交換を実施している。

現在、市場に出回っている同製品は約31000台と推定されており、事故の発生状況を見ると、10月から11月の間に7件の同様事故が報告されている。現時点でも引き続き使用されていること及びこれら製品の使用期間の長期化による事故発生の可能性の増大、かつ、最悪の場合車両火災もあり得ることを勘案すると妥当な措置と考える。

しかしながら、消費者は告知内容により該当製品であるか否か判断が困難と思われることから、当該製品に関する必要な情報を提供することとした。

(対象製品)

製品名      :
アルパインカーオーディオ
型式及び搭載車種 :
別紙1のとおり
製造事業者    :
アルパイン株式会社
福島県いわき市好間工業団地20-1
製造期間     :
平成2年から平成7年2月
販売期間     :
同上
対象台数     :
約31000台
発火事故の件数  :
11件

(事故の原因)

  • 1 製造工程において、電解コンデンサーにストレスが加わり、電解コンデンサーの封止部に位置ずれが生じ、長期間の使用で電解液が漏れて、端子間をショートさせた。
  • 2 電解コンデンサーのショートによって、アンプ回路の直流バランスが崩れスピーカー出力端子間に電位差が発生したため、スピーカーに異常電流が流れボイスコイルの焼損に至ったもの。

ページトップへ

2.当該カーオーディオに関する事故の概要

  • スピーカー周囲焼損、消火時手に軽度の火傷。
  • 走行中スピーカー部焼損。
  • 走行中スピーカーから発煙。

ページトップへ

3.留意事項

これまで通商産業省に報告された情報を判断すると、当該製品については次の点に留意すべきである。

  1. (1)今回情報提供を行った、アルパイン社製カーオーディオは、使用中スピーカーから発煙 ・発火の可能性があり最悪の場合車両火災のおそれがあることから、その使用を中止する必要があること。
  2. (2)アルパイン(株)は、問い合わせ先を指定しており、回収・交換に関わる手続については、その案内及び説明にしたがって、製品交換等に対応すべきこと。
製造事業者の連絡先:
アルパイン(株)お客様相談室

フリーダイヤル0120-381-311

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図