ナイトについて

試験設備等

企業等の製品開発などを支援するため、機構の試験設備等を開放しています。

試験設備等及び利用料

試験設備等の仕様等については、「用途」欄の「仕様等」をクリックの上ご確認ください。
利用にあたっては試験手数料を徴収します。当該手数料は、各試験設備等の減価償却費、保守管理費等をもとに1試験体あたり、1試験サイクルあたり等の費用を積算するため、ご依頼いただくタイミング等で費用に差が生じえます。下表の試験手数料は目安ですので、「利用の手続き」に従いまずはご相談ください。また、手数料は銀行振込により前納(試験が開始される前に手数料を納付)すること、振込に係る手数料は依頼者が負担することとします。
なお、公的機関(立法、行政又は司法に属する機関。ただし、消費者行政に関する機関及び独立行政法人は除く)からの依頼にあっては手数料を徴収しないことができます。
 

名称 用途 試験手数料(税抜き) ※目安です
VOC等放散測定大形チャンバーシステム(容積:21m3 電気試料から放散される化学物質放散量の測定
仕様等
○50物質分析(機構職員操作)
・経過時間7日:1試験体につき525,800円
・経過時間1日:1試験体につき326,100円
○7物質分析(機構職員操作)
・経過時間7日:1試験体につき420,600円
・経過時間1日:1試験体につき263,400円
大型燃焼実験室 電気製品や燃焼器具などの大規模な燃焼・破壊実験
仕様等
1日につき36,900円
軟X線撮影装置 試料の内部構造の非破壊観察
仕様等
・機構職員操作:1試験体につき12,000円
・依頼者操作:1試験体につき7,300円
X線コンピュータ断層撮影装置(X線CT) 非破壊による断層画像及び三次元画像の観察
仕様等
・機構職員操作:1試料につき34,900円
・依頼者操作:1試料につき16,500円
ハンドヘルド型蛍光X線分析装置 構成元素及び含有量の測定
仕様等
・機構職員操作:1試験体につき7,500円
・依頼者操作:1試験体につき2,800円
ハンドヘルド型FT-IR 物質定性及び同定
仕様等
・機構職員操作:1試験体につき8,500円
・依頼者操作:1試験体につき3,900円
マイクロスコープ 試料の拡大観察
仕様等
・機構職員操作:1試験体につき13,200円
・依頼者操作:1試験体につき3,900円
外部利用検討中の試験設備
名称 用途
自転車用4軸振動試験機 実走行再現による疲労耐久性試験
仕様等
スパーク放電発光分光分析装置 金属材料元素の定性・定量分析
仕様等
ダブルドラム走行試験機 JIS規格に基づく疲労耐久性確認
仕様等

ページトップへ

利用の手続き

まずは本ページ下部の「お問い合わせフォーム」より、以下の項目をお知らせください。弊機構業務での使用状況等を確認し、受諾の可否や試験設備等の使用期間の調整等を行います。このほか、新たな試験のご要望についてもこちらよりご連絡ください。

  • ・機構職員操作の場合:件名、目的、試験項目、希望する試験結果提供の期限
  • ・依頼者操作の場合:件名、目的、試験設備等の名称、希望する試験設備等の使用期間

ページトップへ

ご依頼に当たっての了承事項

  • ・弊機構の業務都合により、試験結果提供の期限が延長される場合があること
  • ・弊機構の業務都合により、技術協力の中止、中断、期間の繰上げ等される場合があること
  • ・技術協力の実施によって知り得た弊機構の秘密を第三者に漏らさないこと
  • ・試験設備等の操作に際しUSB等の可搬型記録媒体は一切用いないこと。そのほか、情報セキュリティに関し、弊機構職員の指示に従うこと
  • ・使用期間中(中断期間を除く)、不適切な操作によって試験設備等に破損、故障等の不具合が発生した場合は、依頼者の責任において使用前の状態に復帰すること
  • ・試験設備等の利用に伴って人的被害や物的損害が生じた場合、その補償を求めないこと

ページトップへ

お問い合わせフォームの記載方法

お問い合わせフォームへの記載方法を掲載しておりますので、お問い合わせの際にご参考ください。

 

記入方法(試験設備等)

ページトップへ

最終更新日

2020年9月4日

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 企画管理部  広報・イノベーション支援課
TEL:03-3481-1984  FAX:03-3481-1920
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ