バイオテクノロジー

Aspergillus oryzae RIB40 (NBRC 100959)
プロテオーム解析の概要

View this page in English

麹菌Aspergillus oryzae RIB40 (NBRC 100959)のYPD培地による液体培養とフィルター培養を行い、下記の各手法によって網羅的プロテオーム解析を実施しました。

  1. (1)ペプチドマスフィンガープリント法(二次元電気泳動、MALDI-TOFMS )
  2. (2)ショットガンプロテオーム解析法(SDS-PAGE、LC/MS/MS)
  3. (3)多次元LC法(二次元LC、カラム内消化、LC/MS/MS)

また、プロテインシーケンサーによるN末端アミノ酸解析も行いました。

解析結果

新たなCDSの付加や、登録CDSの修正が必要であると分かりました。現在コンソーシアムでの修正公開の準備がなされています。

公開中のプロテオーム解析結果は現データに合致するもののみとなっています。

解析結果は、生物資源データプラットフォーム(DBRP)で公開されています。

ページトップへ

発表等

Hanako Ataku, Miyako Mise, Keiko Nishijima, Jun Yamazaki, Kazumi Sasaki, Syuji Yamazaki, Motoaki Sano and Nobuyuki Fujita
“Proteome Analysis of Aspergillus oryzae for Precise Prediction of Protein Coding Regions and Protein Profiling”, 55th ASMS Conference (2007)
 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  解析技術課
TEL:03-3481-1936  FAX:03-3481-8424
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ