化学物質管理

ライオン株式会社とHESS及びOECD QSAR Toolboxを活用したデータギャップ補完に関する意見交換会を実施しました

NITEは、2019年4月5日(金)及び4月25日(木)にライオン株式会社と、HESS及びOECD QSAR Toolboxを活用したデータギャップ補完に関する意見交換会を実施しました。

ライオン株式会社との意見交換会

 意見交換会の中で、NITEはOECDガイダンスに記述されているケミカルグルーピングの概論の紹介と、OECD Toolbox及びHESSの概要及び操作説明を行い、これらの活用方法についてライオン株式会社の安全性評価を担当する研究所の方々と議論を行いました。
 本意見交換会で用いたケミカルグルーピングの概論に関する資料を公開いたします。ケミカルグルーピングによるデータギャップ補完の初心者向けの資料としてご活用ください。

 

ライオン株式会社との意見交換会の写真1
ライオン株式会社との意見交換会の様子1

 

ライオン株式会社との意見交換会の写真2
ライオン株式会社との意見交換会の様子2

ページトップへ

当日の資料

グルーピングの概要:OECDでの手法をもとに、初心者用の資料としてケミカルグルーピングについてまとめています。ぜひご活用ください。

ページトップへ

最終更新日

2019年5月16日

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター  安全審査課  QSAR担当
TEL:03-3481-1735  FAX:03-3481-1950
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ