化学物質管理

動物実験代替法(QSAR、Read-across、IATA)

View this page in English

化学物質の安全性評価の効率化や動物愛護の観点から、動物実験代替法の活用が世界的に推進されています。当機構は、動物実験代替法の手法としてQSAR1)、Read-across2)、IATA3)を中心に、化学物質の安全性評価への活用を推進する取組を行っています。
 
1) 定量的構造活性相関(Quantitative Structure-Activity Relationship: QSAR):数理モデルを用いて化学構造を基に化学物質の有害性を推計する手法。
2) Read-across:化学物質の有害性を試験データのある類似物質からエキスパートジャッジにより推計する手法。   カテゴリーアプローチや類推の類義語。
3) 試験と評価に関する統合的アプローチ(Integrated Approached and Testing Assessment:IATA):様々なタイプの情報を統合して化学物質の有害性の評価や試験戦略の立案を行うアプローチ。

IATA概念図

メニュー一覧

少量新規化学物質における分解性・蓄積性の評価フロー
化審法審査で取得された分解性・蓄積性のデータを解析することにより、構造活性相関モデルやカテゴリーアプローチ手法の適用性等について検討を行うと共に、それらの手法を化審法の運用に役立てています。
有害性評価支援システム統合プラットフォーム(HESS)
化学物質の反復復投与毒性をカテゴリーアプローチにより予測することを支援する有害性評価支援システム統合プラットフォーム(HESS)を無料で公開しています。
OECD QSAR Toolbox
事業者支援
動物実験代替法についての国際動向(OECD等)
QSAR、Read-across、IATAに関する用語集・リンク集
外部発表
過去の活動

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター  安全審査課  QSAR担当
TEL:03-3481-1812  FAX:03-3481-1950
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ