国際評価技術

スマート保安

 

(※)スマート保安とは

①国民と産業の安全の確保を第一として、②急速に進む技術革新やデジタル化、少子高齢化・人口減少など経済社会構造の変化を的確に捉えながら、③産業保安規制の適切な実施と産業の振興・競争力強化の観点に立って、④官・民が行う、産業保安に関する主体的・挑戦的な取組のこと。具体的には、①十分な情報やデータによる科学的根拠とそれに基づく中立・公正な判断を行うことを旨として、②IoT やAI など安全性と効率性を高める新技術の導入、現場における創意工夫と作業の円滑化などにより産業保安における安全性と効率性を常に追求し、③事業・現場における自主保安力の強化と生産性の向上を持続的に推進するとともに、④規制・制度を不断に見直すことによって、将来にわたって国民の安全・安心を創り出すこと。

    出典:スマート保安推進のための基本方針(スマート保安官民協議会資料)

電気保安のスマート化
電気保安分野においてIoTやAI、ドローン等の新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること。

スマート保安プロモーション委員会について

経済産業省は、令和2年度よりスマート保安官民協議会を設置することで、官・民連携して、スマート保安技術の的確な導入促進を行うための取組を進めています。電気保安分野では、スマート保安官民協議会電力安全部会において、スマート保安技術の妥当性確認等を行う仕組みが必要とされ、「スマート保安プロモーション委員会」を設置することとなり、NITEはこの事務局を担って参ります。スマート保安についてのご相談がありましたら、下記のメールアドレスへお問い合わせください。

お問い合わせ先

otoiawase-smart-hoan【@】nite.go.jp(メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。)へご相談・お問い合わせください。

ページトップへ

スマート保安プロモーション委員会の紹介

委員会で対象とする電気保安のスマート化の例(詳細は下記アクションプランをご参照下さい)

1.火力発電所
・巡視点検・監視/制御のデジタル化・遠隔化
・AI活用による保安活動の判断支援
・デジタル端末の活用による現場作業高度化
・点検におけるドローン活用
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること
2.水力発電所
・巡視点検・監視/制御のデジタル化・遠隔化
・AI活用による保安活動の判断支援
・デジタル端末の活用による現場作業高度化
・点検におけるドローン活用
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること
3.風力発電所
・洋上風力での遠隔異常確認技術
・洋上風力でのドローン巡視点検技術
・ブレード健全性診断技術
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること
4.太陽電池発電所
・遠隔常時監視の普及
・データ分析による保安高度化
・巡視・点検でのドローン・ロボットの活用
・PCS遠隔復帰の普及
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること
5.送配電・変電設備
・遠隔監視による巡視・点検等の効率化
・巡視・点検におけるドローン技術活用
・AI等活用による故障予兆把握・災害対応
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること
6.需要設備
・遠隔監視技術
・その他、上記に限らず新たな技術を導入することで、保安力の維持向上と生産性の向上を両立させること

ページトップへ

スマート保安推進に関する業界別推進状況の調査・分析業務

NITEは、「電気保安分野 スマート保安アクションプラン」に沿って各業界で取り組まれている具体的なスマート保安技術の実装について、下記(1)~(3)を目的としてアンケート調査を実施しました。
(1) 現状および2025年に想定される導入推進状況等を調査・分析して、現状と今後の取組状況の把握・評価を行うこと。
(2) スマート保安技術の実装に関する新たなKPIの設定について提言すること。
(3) スマート保安プロモーション委員会の円滑運用およびスマート保安推進に向けた今後の活動又は取組内容を検討すること。

ページトップへ

最終更新日

2022年4月25日

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部  電力安全センター
TEL:03-3481-9823  FAX:03-3481-0536
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ