製品安全

誤った使い方が火災の導火線に!
~配線器具や充電ケーブルで火災、やけどが発生~

本件の概要

発表日:
平成31年2月28日(木)
発表資料:
誤った使い方が火災の導火線に!~配線器具や充電ケーブルで火災、やけどが発生~
映像資料:
充電器「3.充電ケーブルに液体がこぼれて異常発熱」
電源プラグ「4.栓刃に金属の鎖が接触してショート」
資料の概要:
  冬場はこたつや電気カーペット、電気ストーブなどの電気製品の暖房器具を使う機会が多くなっています。それらの接続のため、延長コードやテーブルタップなどの配線器具を使用する機会も増えますが、これら配線器具※1による事故が毎年発生しています。
2013年度から2017年度の5年間にNITE(ナイト)に通知された製品事故情報※2では、配線器具の事故は367件※3ありました。その中で、延長コード及びテーブルタップによる事故は276件と最も多く、配線器具の事故全体の約75%を占めています。その他にコンセント61件、マルチタップ16件の事故などが発生しています。事故の被害状況をみると367件のうち、235件(約64%)が火災を伴っており、また、死亡事故が6件発生しています。
201902prs_挿絵001  配線器具の事故は誤った使い方などによる事故が多く発生しており、正しく使われていれば防げた事故も多いと考えられます。ほこりをためない、コードを傷付けない、最大消費電力を超えて使用しないなど、使い方に注意して事故を未然に防ぎましょう。
 

事故事例
  • 延長コードを湿気が高く、ほこりが多い環境下で使用していたことから、延長コードの差込口の刃受け金具間に、ほこりなどの異物が付着して絶縁性が低下し、トラッキング現象※4が生じて製品が焼損した。【2016年1月、福井県】
  • 事務所において、コンセント付きの収納棚に最大消費電力を超える電気製品を接続して使用していたため、コンセント部が焼損した。 【2017年3月、東京都】

配線器具の事故を防ぐポイント
  • 〇電源コードに無理な力を加えない
  • 〇ねじり接続やビニールテープでの補修など、電源コードの改造や修理を行わない
  • 〇最大消費電力を超えて使用しない
  • 〇消費電力の大きな機器で延長コードを使用するときは、機器の取扱説明書を確認する
  • 〇電源プラグはしっかり差し込み、ほこりなどがたまらないよう注意する
  • 〇お手持ちの製品がリコール対象かどうか確認する

201902prs_挿絵002   また、今回はスマートフォンなどで使用する充電ケーブルの事故についても2013年度~2017年度の5年間に86件の事故が発生していることから、事故事例及び注意点について説明します。
 
事故事例
  • 充電中のスマートフォンと充電ケーブルとの接続部であるコネクターに異物が付着したため、ショートして異常発熱し使用者が指にやけどを負った。【2016年7月、大阪府】

充電ケーブルの事故を防ぐポイント
  • 〇充電ケーブルのコネクターに液体(汗や飲料水)や異物(金属片など)を付着させない
  • 〇コネクターは接続の方向を確認して真っすぐに差しこみ、無理に力を入れない
  • 〇変形したコネクターは使用しない
  • 〇コネクターを身体に長時間、接触させない
  • (※1) 延長コード、テーブルタップ及びマルチタップなど。詳細は発表資料P2参照。
  • (※2) 消費生活用製品安全法に基づき報告された重大製品事故に加え、事故情報収集制度により収集された非重大製品事故やヒヤリハット情報(被害なし)を含む。
  • (※3) 重複、対象外情報を除いた事故発生件数。
  • (※4) 付着したほこりや水分により電気の通り道(トラック)が生成され、異常発熱する現象(詳細は発表資料P11「トラッキング現象の仕組み」参照)。

発表資料

ページトップへ

映像資料

ページトップへ

地方版

※掲載していない場合もございます。

ページトップへ

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図