バイオテクノロジー

生命科学研究及びバイオテクノロジー促進のための国際標準の微生物資源センターの構築

1.プロジェクトの概要

インドネシアは世界第2位の生物多様性を誇っており、生物資源保全への関心が高い国でもあります。その一方で、微生物資源は保全と利用の体制が整備されておらず、微生物を活用した農業・環境技術の発展には、カルチャーコレクションの整備が不可欠でした。本プロジェクトでは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人国際協力機構(JICA)が共同で実施している「地球規模課題対応国際科学協力(SATREPS)」の助成を受けて、インドネシア国内において有用な微生物の探索と解析を行い、農業・家畜・食品産業への利用を検討するとともに、これらの微生物を保存・提供するための微生物資源センターの設立を行いました。

インドネシアSATREPS事業
実施概要図

ページトップへ

2.プロジェクトの成果

本プロジェクトの最終的な成果報告書はこちらです。
また、SATREPSの当プロジェクトの詳細ページ【外部リンク】にて成果をご確認いただけます。

日本へ移転し、研究したインドネシア由来の微生物の一部は、NBRCから提供しています。
また、インドネシアの微生物資源センターであるInaCC 【外部リンク】からも、本プロジェクトで得られた微生物が提供されています。

InaCCの建物とデータベース
InaCCの建物とデータベース

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  国際事業推進課
TEL:03-3481-1963
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ