国際評価技術

日本が主導した定置用大型蓄電システムの安全性に関する国際規格が発行されました

本件の概要

報道発表資料

発表日:
令和2年5月7日(木)
 
タイトル:
日本が主導した定置用大型蓄電システムの安全性に関する国際規格が発行されました
~ 定置用大型蓄電システムの安全性に関して世界初となる規格の発行 ~
 
発表者名:
独立行政法人製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部
 
資料の概要:
NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬、本所:東京都渋谷区西原]が企画原案を策定した、日本提案の「蓄電池を使用した定置用大型蓄電システムの安全性」に関する国際規格(IEC 62933-5-2※1)が、令和2年4月16日、国際電気標準会議(IEC)から発行されました。
同システムの安全性に関する初めての国際規格発行により、国内外で安全性を評価する環境が整備され、将来の再生可能エネルギー利用の一層の拡大が期待されます。

 (※1)IEC 62933-5-2 Electrical energy storage (EES) systems - Part 5-2: Safety requirements for grid-integrated EES systems - Electrochemical-based systems
 
  1. 1. 再生可能エネルギーの利用拡大にむけ、太陽光や風力で発電された電力の変動を吸収し、適切に系統に繋ぐため、大型蓄電池を組み合わせた「定置用大型蓄電システム」の普及が期待されています。
    一方、世界各地では、定置用大型蓄電システムの火災事故が発生するなど、その安全性の評価にかかる環境整備が望まれていました。
              
  2. 2. NITEは、平成28年、大型蓄電池システム試験評価施設(NLAB)を設置し、定置用大型蓄電システムの大型蓄電池等製品の安全性を評価してきました。さらに、NLABにおける評価や試験ノウハウを活かし、より安全に同システムを普及させる環境を整備する観点から、定置用大型蓄電システムの安全要求事項をまとめた規格原案を策定し、平成28年5月に、IEC技術専門委員会(TC120:電気エネルギー貯蔵システム)において、日本の提案による規格開発プロジェクトを開始し、令和2年3月20日にIEC 62933-5-2が各国の投票プロセスを経てIEC規格として承認され、同年4月16日に発行に至りました。
             
  3. 3. この規格は、電気化学的技術を用いた蓄電池(化学蓄電池)からなる、電力システムに接続される大型蓄電池システムのシステムとしての安全要求事項について規定しており、全ライフサイクル(設計から運用期間終了時の管理まで)に適用可能です。
             
  4. 4. 今回発行された安全規格の活用により、同システムの普及環境の整備が一層進むことが期待されるとともに、国内で製造され、試験・評価された製品が、海外市場で受け入れられやすくなる効果も期待されます。
             
  5. 5. 国内の認証機関が、NLABを活用し、本規格に基づく世界に通用する試験成績表の発行に向けた準備を行うために、現在、NITEは当該規格を国際対応規格とする日本産業規格(JIS)原案作成に取り組むとともに、NITE大阪事業所にある世界最大級の大型蓄電池システムの試験・評価施設(NLAB)を活用した評価基盤の構築を国内試験・認証機関とともに進めており、これらの活用促進により、国内の蓄電池産業の更なる成長に貢献して参ります。
     
※新型コロナウイルス感染症対策により、職員が不在の場合が多くなっております。お問合せの際は問合せフォームをご活用ください。
         

 

ページトップへ

発表資料

ページトップへ

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部  国際規格課
TEL:03-6845-0310  FAX:03-3481-0536
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ