バイオテクノロジー

台湾BCRC

BCRC- Bioresource Collection and Research Center


BCRC_main

 Bioresource Collection and Research Center(BCRC)は1982年に財団法人食品工業發展研究所(FIRDI)内に発足しました。現在は、農業・食品に有用な微生物のみならず、セルバンクとしての機能を有するほか、台湾唯一の特許微生物寄託機関でもあります。
 BCRCはISO 9001、ISO 17025、ISO 17034といった品質マネジメントシステムの認証を取得し、国際的にも大規模なバイオリソースセンターに成長しています。

BCRCの歴史

(図をクリックすると拡大図が開きます。)

BCRCの分譲サービス

 BCRCは12,000株以上の微生物、細胞及びDNAリソースを保存しており、オンラインカタログから検索できます。
 BCRCオンラインカタログ【外部リンク(台湾BCRC)】

注文方法

 オンラインカタログからの注文サービスは台湾ユーザーのみを対象としています。日本のユーザーは、希望する生物遺伝資源のBCRC番号・種名と連絡先(組織の名称、住所、電話番号を含む)を顧客担当のDr. Patricia Cheng(hyc97@firdi.org.tw)まで電子メールで連絡してください。また、以下のフォームに必要事項を記入し、メールに添付してください。

支払方法

 銀行振込後、支払証明書のコピーをBCRCに送ります。
お振り込み先の口座情報(PDF)【外部リンク(台湾BCRC)】

手数料(台湾以外)

(図をクリックすると拡大図が開きます。)

配送

 入金確認後、注文した生物遺伝資源はExpress Mail Service(EMS)またはFedexにて配送されます。輸送形態は生物遺伝資源の種類に応じて、フリーズドライ、スラントまたは冷凍標品として発送されます。

復元、その他の情報

 生物遺伝資源の復元・培養方法は、同封される生産情報シートで確認します。
 

注意事項

  1. 1.生物遺伝資源の利用は、非商業利用目的の研究に限ること。
  2. 2.申請者は、いかなる状況においても、生物遺伝資源を第三者に譲渡しないこと。
  3. 3.生物遺伝資源がリスクグループ2(RG2)以上に属する場合は、施設のバイオセーフティーレベルがBSL2以上であることを確認すること。
  4. 4.利用制限のある微生物については、必ず必要な許可を受けること。
     規制、バイオセーフティーレベル等の情報は、BCRCオンラインカタログに記載されています。
  5. 5.輸出許可の手続きは、顧客情報と注文書を受領後、約1か月かかりますのでご注意ください。

微生物寄託サービス

 

寄託の手順

  1. 1.まずは顧客担当のDr. Patricia Cheng(hyc97@firdi.org.tw)までお問い合わせください。
     寄託申請書、微生物情報、シーケンス等、必要な情報についてご連絡します。
  2. 2.寄託審査(輸入許可)が実施されます。(注:台湾の動植物防疫検疫局(Bureau of Animal and Plant Health Inspection and Quarantine: BAPHIQ)からの許可取得には時間がかかります。)
  3. 3.寄託審査の承認後、微生物と申請書の送付について連絡があります。
  4. 4.寄託証明書が寄託者に発行されます。

寄託のフローチャート:

Public deposit flow
(図をクリックすると拡大図が開きます。)

特許微生物寄託について

日本と台湾との間では、特許微生物寄託制度に関する相互承認制度があります。
詳しくは下記ページをご参照ください。
特許微生物寄託制度に関する日本と台湾の間の相互承認の発効に伴う寄託・分譲制度について

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READER 別ウィンドウで開くよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物多様性支援課
TEL:03-3481-1963
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ