化学物質管理

GHSを用いたリスクアセスメント

View this page in English

GHSを用いたリスクアセスメントの実施に関する情報を掲載しています。

労働者に対するリスクアセスメント

労働者の人健康影響に関するリスクアセスメントツールを掲載しています。

コントロールバンディング

コントロール・バンディングはILO(国際労働機関)が、開発した有害性のある化学物質から労働者の健康を保護するための簡単なリスクアセスメント手法です。リスクの評価にはGHSにおける危険有害性区分が使用されます。

厚生労働省からは、コントロールバンディングをわが国で簡易的に利用できるようにWebシステムとして開発し、公開しています。

CREATE-SIMPLE

CREATE-SIMPLE(Chemical Risk Easy Assessment Tool, Edited for Service Industry and Multiple workplaces;クリエイト・シンプル)は、ばく露限界値(またはGHS区分情報に基づく管理目標濃度)と化学物質の取扱い条件等から推定したばく露濃度を比較する簡単な化学物質リスクアセスメントツールです。

厚生労働省からは、CREATE-SIMPLEを実施するためのツールやマニュアルが公開されています。

ECETOC-TRA

ECETOC-TRA(欧州化学物質生態毒性・毒性センター Target Risk Assessment ツール)は、EU REACH規則に基づく化学品の登録を支援するために開発された定量的なリスクアセスメントツールです。詳細な作業環境情報や条件を入力することで精度の高いリスク評価が可能です。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター 情報業務課
TEL:03-3481-1999 FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ