バイオテクノロジー

お問い合わせ・FAQ(バイオテクノロジー分野)

View this page in English

 独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンター(NBRC)が提供している各種サービスに関するお問い合わせ先、よくあるご質問へのリンクを示しています。

 ご利用になりたいサービスのリンクをクリックしてください。

関連リンク集はこちらをご覧ください。

目次
生物遺伝資源の提供・寄託 海外資源のアクセスと
利益配分(ABS)
生物遺伝資源の情報提供
特許微生物寄託 カルタヘナ法執行・支援 微生物の産業利用に向けた
安全性情報の提供
微生物と産業利用 バイオ解析技術の応用 パンフレット、メールマガジン、
画像、動画、講演資料等

生物遺伝資源の提供・寄託

 バイオテクノロジー産業の発展のためには、生物遺伝資源が恒久的に保存され、誰もが利用できることが重要です。
 NBRCは、生物資源センター(BRC)として、細菌・放線菌・アーキア・糸状菌・酵母・微細藻類など約9万株を収集・保存し、基礎研究から産業利用まで幅広い用途に提供しています。

 生物遺伝資源の提供・寄託に関するご相談、お問い合わせを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

遺伝資源のアクセスと利益配分(ABS)

 海外の生物遺伝資源を用いる場合には、生物多様性条約(CBD)及び提供国の国内法を遵守する必要があります。
 NBRCは、CBD及び名古屋議定書を遵守した生物遺伝資源の利用を支援するとともに、ABS指針第5章に規定される遺伝資源国内取得書の発給を行っています。

 遺伝資源のアクセスと利益配分(ABS)遺伝資源国内取得書の発給に関するお問合せを以下のリンク受け付けております。

ページトップへ

生物遺伝資源の情報提供

 NBRCは、生物資源及びそのデータの利用の促進を目指して、生物資源とその関連情報(生物の特性情報、オミックス情報など)が利用可能な、生物資源データプラットフォーム(DBRP)および、ゲノム配列情報から微生物の機能を推定する、微生物遺伝子機能検索データベース(MiFuP)による情報提供を行っています。

 生物遺伝資源の情報提供に関するご相談、お問合せを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

特許微生物寄託

 特許を成立させるには発明が実際に為されたこと(発明の完成)と、第三者がその発明を再現できること(技術の公開)を保証しなければなりません。
 特許微生物寄託とは、微生物を利用した発明の場合のこれらの要件を満たすため、その微生物を寄託する制度です。
 このため、特許法施行規則第27条の2及び3の規定に基づく寄託機関として、また、特許手続上の微生物の寄託の国際的承認に関するブダペスト条約に基づく国際寄託当局として、特許手続上の微生物の受託等を行う特許微生物寄託業務を行っています。

 特許微生物寄託に関するご相談、お問合せを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

カルタヘナ法執行・支援

 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)」では、遺伝子組換え生物を使って鉱工業利用を行う際には、あらかじめ経済産業大臣による確認が義務づけられています。
 NBRCは、カルタヘナ法に基づく経済産業省の所管分野となる第二種使用に係る大臣確認申請に対して事前審査や相談などの技術的なサポートを行うとともに、カルタヘナ法に基づく立入検査を実施しています。。

 カルタヘナ法執行・支援に関するご相談、お問合せを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

微生物の産業利用に向けた安全性情報の提供

 微生物を産業利用する際には、利用する微生物のリスクに応じた適切な管理を行うことが求められます。
 NBRCは、微生物の安全で適切な利用を支援するために、微生物有害情報データベース(M-RINDA)を通じた細菌および真菌の有害性に関する情報提供を、細菌の同定/分類に関する技術情報の提供と共に行っています。

 微生物の産業利用に向けた安全性情報の提供に関するご相談を以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

微生物と産業利用

 近年の科学技術の発展と共に微生物の持つ様々な能力が明らかになるにつれ、微生物はより幅広い産業分野で活用されてきました。
 NBRCでは、微生物を活用した産業の発展を目指し、ヘルスケア分野、食品分野、工業用原料物質生産分野、天然物創薬分野、地域産業分野に注目し、NBRCが有する技術情報を発信するとともに外部機関(企業、公的機関、自治体等)と連携して技術開発を行っています。

 微生物と産業利用に関するご相談、お問合せを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

バイオ解析技術の応用

 タンパク質や代謝物などの生体分子が関連した製品事故や社会問題が起こることがあります。
 NBRCは、保有するタンパク質解析技術を活用し、生体分子関連製品の技術基準・評価方法の開発やアレルギーを起こした製品の原因物質探索を行っています。

 バイオ解析技術の応用に関するご相談、お問合せを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

パンフレット、メールマガジン、画像、動画、講演資料等

 NBRCでは、実施事業や提供サービスに関するチラシやパンフレット、微生物に関する様々な情報を隔月でお届けするメールマガジン「NBRCニュース」のバックナンバー、微生物やイベント風景などの画像や動画、過去の講演会で配布した資料などを公開しています。

 パンフレット、メールマガジン、画像、動画、講演資料等に関するご相談、お問い合わせを以下のリンクより受け付けております。

ページトップへ

最終更新日

 2020年1月31日

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  計画課
TEL:03-3481-1933  FAX:03-3481-8424
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ