バイオテクノロジー

Lactobacillus属の再分類に伴う学名変更の新旧対応表

Lactobacillaceae科はLactobacillus属とPediococcus属の2属(2000年にParalactobacillus属が提案されたが2011年にLactobacillus属に移された1))で構成されており、この中でLactobacillus属は260を超える種が存在する非常に大きな属でした。このLactobacillus属について、近縁な関係にある他の属種と併せて、ゲノム解析に基づく分類学的な検証がなされた結果、23の新しい属が提案されて、Lactobacillus属は既存の属名であるLactobacillus属およびParalactobacillus属を含む25属に再編成されました。またPediococcus属から2種がLapidilactobacillus属に移されました。 大幅な再編成のため、学名の新旧対応表を以下の通り掲載します。この表は、23属を提案したZhengら2)の報告に加え、報告時期が近かったためZhengらの報告から取りこぼされたいくつかの種の再編に関するLiu & Gu3)の報告内容に基づいています。

 

Lactobacillus属の再分類に伴う学名変更の新旧対応表ダウンロード【Excel:28KB】

 

参考文献

  1. 1) Haakensen M et al., Reclassification of Paralactobacillus selangorensis Leisner et al. 2000 as Lactobacillus selangorensis comb. nov. Int J Syst Evol Microbiol (2011) 61, 2979-2983.
  2. 2) Zheng J et al., A taxonomic note on the genus Lactobacillus: Description of 23 novel genera, emended description of the genus Lactobacillus Beijerinck 1901, and union of Lactobacillaceae and Leuconostocaceae. Int J Syst Evol Microbiol (2020) 70, 2782-2858.
  3. 3) Liu DD & Gu CT, Proposal to reclassify Lactobacillus zhaodongensis, Lactobacillus zeae, Lactobacillus argentoratensis and Lactobacillus buchneri subsp. silagei as Lacticaseibacillus zhaodongensis comb. nov., Lacticaseibacillus zeae comb. nov., Lactiplantibacillus argentoratensis comb. nov. and Lentilactobacillus buchneri subsp. silagei comb. nov., respectively and Apilactobacillus kosoi as a later heterotypic synonym of Apilactobacillus micheneri. Int J Syst Evol Microbiol (2020) 70, 6414-6417.
  4. 4) Duar RM et al., Lifestyles in transition: evolution and natural history of the genus Lactobacillus. FEMS Microbiology Reviews (2017) 41, S27–S48

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ