バイオテクノロジー

NBRCが提供する生物遺伝資源について

生物遺伝資源の種類

NBRCは、現在までに約9万株の微生物(細菌・放線菌・アーキア・糸状菌・酵母・微細藻類・バクテリオファージ)を保存し、提供しています。

NBRCが提供する微生物は、NBRC株とスクリーニング株(RD株)と呼ぶ2つのコレクションがあります。

それぞれの生物遺伝資源の特徴(概要)は、以下のとおりです。

NBRC株

NBRC株(菌株番号の前にNBRCがついている株)は、一般に広く公開された微生物のコレクションで、種レベルまでの同定がされているか、性状等の情報が付与されたものです。NITEに譲渡された公益財団法人発酵研究所(IFO)のコレクション15,000株から始まり、更に14,000株を越える微生物が加わりました(平成25年度末時点)。日本産業規格(JIS)や日本薬局方などの公的試験方法に規定された菌株の多くが含まれています。

NBRCのISO 9001品質マネジメントシステム
JQA-QMA13036 生物資源課

NBRC株は、ISO 9001の品質マネジメントシステムの下で維持・管理・分譲を行っております。

入手方法は、微生物株(NBRC株)の入手方法をご覧ください。

スクリーニング株(RD株)

スクリーニング株(RD株)は、国内外の多様な環境から収集された微生物株(主に糸状菌、酵母、細菌(放線菌含む))で、属レベルでの同定を行うとともに、 rDNA塩基配列の解析に基づいてヒトに対する病原菌と相同性が低いことを確認しています。

スクリーニング株は、1年毎の利用料をいただくシステムになっており、安価にご利用いただけます。スクリーニング源として、一度に大量の菌株を利用したい方に最適です。

スクリーニング株の利用方法については、スクリーニング株(RD株)の提供のページをご覧ください。

なお、海外由来のスクリーニング株については、資源提供国との間で生物多様性条約(CBD)の精神に則った素材移転の条件を合意しており、利用される方とNBRCとの契約を締結することで利用していただくことが可能です。詳しくは海外由来株の利用手続き(新規)のページをご覧ください。

DNAリソース

NBRCは、DNAリソースとして微生物ゲノムDNAを 取り扱っております。これらのDNAリソースはNBRC株と同様、ISO 9001の品質マネジメント システムの下で維持・管理・分譲を行っております。詳しくはDNAリソースの分譲のページをご覧ください。

NBRC微生物カクテルの提供

NBRCは、マイクロバイオーム(微生物叢)研究をサポートするために、国内で初めて「NBRC微生物カクテル」を開発し、2019年5月21日より提供を開始しました。詳しくはNBRC微生物カクテルの提供のページをご覧ください。

各生物遺伝資源の比較表

  NBRC株 スクリーニング株
(RD株)
DNAリソース NBRC微生物カクテル
リソース種類 細菌, 放線菌, 古細菌, 糸状菌, 酵母, 微細藻類, バクテリオファージ 細菌, 放線菌, 糸状菌, 酵母 微生物ゲノムDNA(GD) 菌体カクテル(Cell-Mock-001)
DNAカクテル (DNA-Mock-001)
ISO9001管理 対象 対象外 対象 対象外
利用形態 分譲(入手後継続して利用が可能) 利用(1年単位での利用権)、利用継続可能 分譲(入手後継続して利用が可能) 分譲(使い切り)
特許出願 可能※1 可能※2 可能※1 -

最新の手数料は手数料一覧のページをご覧ください。

  1. ※1:一部のリソースは寄託者/原産国の事前許可が必要
  2. ※2:特許寄託が必要な場合はNBRCが特許寄託の手続きを実施し、特許寄託料は依頼者にお支払いいただきます。なお、寄託者はNITEとします。

最終更新日

2022年6月7日

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ