バイオテクノロジー

ヒト由来微生物

 ヒトの腸管、口腔、皮膚等に存在する微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)と健康との関連性が次々と明らかになるなか、ヒトマイクロバイオームをシーズとして活用した医薬品や食品等の開発に期待が高まっています。一方で、ヒトマイクロバイオームを構成する微生物は未だ分離されていないものも多く、研究開発に利用できる微生物株が少ないことが産業化に向けた課題となっています。
 そこで、NITEでは製品開発にも使用できる権利が明確化された微生物株の整備を行うため、ヒトの様々な部位より微生物を収集し提供しています。

ヒト由来微生物の収集

 NITEでは、ヒト由来試料(糞便、口腔、皮膚等)から網羅的に微生物を収集するため、複数の条件を用いた集積培養とMALDI-TOF MSによる迅速同定を組み合わせた方法(Culturomics)により微生物の分離を行っています文献1, 2)
 抗生物質や胆汁酸の添加、加熱処理等による集積培養を行った後に、希釈平板培養によりコロニーを分離し、分離株の同定にMALDI-TOF MSを導入することで重複株判別の時間短縮が可能となり、微生物収集の効率化に成功しています。
ヒト試料からの微生物の分離手順

ページトップへ

ヒト由来微生物の提供

 外部の研究者や研究機関から収集した微生物に加え、NITE 自らで分離し、その一部をNBRC株※1(1株8,000円)、スクリーニング株※2(RD株:1株 700円/年)として提供しております。
 下記のリスト以外でご希望の菌株がある場合は、本ページ下のお問い合わせ先にご連絡ください。

ページトップへ

ヒトの糞便から分離した微生物について

ヒトの糞便から分離した微生物のイメージイラストです。

 

 ヒト腸内での優占種に加え、肥満との関連性や免疫機能の抑制作用等が示唆されている種が含まれます。ヘルスケア分野の新たな研究開発リソースとしてご利用ください。

■ 日本人の糞便から分離された微生物株(一例)
近縁種※3 RD番号 近縁種で確認されている特性
 Acidaminococcus intestini RD014252   酪酸生成菌文献3)
 Bacteroides thetaiotaomicron RD014186   腸管出血性大腸菌の病原性誘導文献4)
 Bacteroides uniformis RD014187   CD8 陽性 T 細胞(免疫細胞)の誘導文献5)
 Christensenella minuta RD014214   肥満抑制文献6)
 "Erysipelatoclostridium ramosum" RD014246   肥満促進文献7)
 Flavonifractor plautii RD014238   制御性T細胞(Treg細胞)の誘導文献8)
 Hungatella hathewayi RD014220   制御性T細胞(Treg細胞)の誘導文献8)
 Intestinimonas butyriciproducens RD014241   酪酸生成菌文献9)
 Olsenella provencensis RD014165   日本人から初めて分離された種
 Parabacteroides distasonis  RD014196   CD8 陽性 T 細胞(免疫細胞)の誘導文献5)
 Peptoniphilus grossensis  RD014243   日本人から初めて分離された種
 "Raoultibacter timonensis" RD014181   日本人から初めて分離された種
 Rubneribacter badeniensis RD014182   日本人から初めて分離された種
 Ruthenibacterium lactatiformans RD014228   日本人から初めて分離された種

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  産業連携推進課
TEL:0438-20-5764  FAX:0438-20-5582
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ