バイオテクノロジー

NBRCニュース 第59号

◆◇◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
                      NBRCニュース No. 59(2019.10.1)
◆◇◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆

 このたびの台風15号により被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。千葉県
木更津市にあるNBRCにおいても4日間停電が続きましたが、自家発電機を稼働し、生物遺
伝資源を保存している冷蔵・冷凍庫を安全に維持することができました。
 引き続き適切な管理に努めて参りますので、今後ともNBRCをご支援いただきますようよ
ろしくお願い申し上げます。

================================================================================
 内容
================================================================================
 1.NBRCでお預かりしている生物遺伝資源の保管状況について
 2.新たにご利用可能となった微生物株
 3.埋蔵菌プロジェクト(2)
    農産物等から分離した豆乳発酵乳酸菌
 4.微生物あれこれ(49)
    エアコンに生えるカビ
    ~エアコンから採取したAspergillus属の提供を開始しました~
 5.イベントのご案内
   a. BioJapan2019スポンサーセミナー
     「ここまで来た!微生物とデジタルの融合-バイオエコノミーの推進に向けて-」
   b. NBRCの展示
 6.各種手数料の改定のお知らせ(再掲)

================================================================================
 1.NBRCでお預かりしている生物遺伝資源の保管状況について
================================================================================
 NBRCでは、このたびの台風15号の影響で9月9日未明より13日までの4日間停電しました
が、自家発電機を稼働させることにより、バックアップサービス、特許微生物/生物寄託
でお客様よりお預かりしている生物遺伝資源を安全に保管していることをご報告いたしま
す。
 併せて、NBRCが保存している微生物株、DNAリソース等も適切に保管・維持されており
ますことを申し添えます。
 皆様にご心配をおかけしましたが、安心していただきますとともに、今後ともご利用い
ただきますよう宜しくお願い申し上げます。

================================================================================
 2.新たにご利用可能となった微生物株
================================================================================
◆ NBRC株
 糸状菌37株、細菌83株が新たにご利用可能となりました。
 糸状菌では、エアコンより分離したAspergillus属8種(NBRC 113945, 113946, 113947,
113948, 113949, 113950, 113951, 113952)を公開しました。うち7株は40℃でも生育す
る好温性の菌株です。本菌に関しましては「4.微生物あれこれ(49)」を併せてご覧く
ださい。
 細菌では、過去に特許寄託されていたトリプトファン生産に関わる遺伝子組換え大腸菌
(NBRC 113503, 113504, 113505, 113506, 113507, 113508)を公開しました。
また、放線菌様の生活環を持つKtedonobacterales目に属する3株(Tengunoibacter 
tsumagoiensis NBRC 113152、Dictyobacter kobayashii NBRC 113153、Dictyobacter 
alpinus NBRC 113154)を公開しました。

【詳細】 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/nbrc/new_strain/new_dna.html

◆ RD株
 新潟薬科大学より譲り受けた油脂酵母として知られるLipomyces属等246株の提供を10月
から開始しました。「埋蔵菌」として収集された菌株です。本菌株の背景については次号
の連載「埋蔵菌プロジェクト」でご紹介いたします。

【詳細】 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/rd/new_rd.html
【RD株リスト】 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/rd/available_rd_list.html
【埋蔵菌とは】
 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/others/nbrcnews/news_vol58.html#news58_2

================================================================================
 3.埋蔵菌プロジェクト(2)
   農産物等から分離した豆乳発酵乳酸菌
         (岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 教授 滝澤 昇)
================================================================================
 当研究室は多環性芳香族化合物やクロロフェノールなどの環境汚染源となる化学物質の
微生物による分解について研究を行ってきましたが、一方で、地域の特色を活かした食品
製造やワイン作りに関する微生物の研究テーマも進めており、本学ワイン発酵科学セン
ターの設立にも関わってきました。食品に関わるテーマのひとつに、乳酸菌発酵で作る豆
乳ヨーグルト(ヨーグルト様発酵豆乳)の開発がありました。その研究テーマでは農作物
や植物等から多数の乳酸菌株を分離し、その特性を解析しました。ここではそれら乳酸菌
株の分離と特性解析の経緯についてご紹介します。
 豆腐の素材となる豆乳は、低カロリー、高タンパク質の食材で、含有するイソフラ
ボン等による健康増進効果も期待されますが、豆乳を主原料とする食品は未だ限られてい
ました。近年、腸内環境の改善による健康増進効果(プロバイオティクス)への感心が高
まる中、その効果が期待できる代表的な食品としてヨーグルト(発酵乳)があります。そ
こで豆乳から乳酸菌発酵で豆乳ヨーグルトを製造する研究を行うこととしました。課題と
しては、豆乳には特有の香(臭)気、青臭みがあり、それを抑える必要がありました。こ
の課題を克服するために、まず様々な乳酸菌を農作物や花などから分離することとしまし
た。キャベツ、ピーマン、大根、カーネーション、ぬか漬け、ぬか床などから乳酸菌を分
離し、豆乳を発酵固化する菌株を選別しました。次に、糖類の添加や牛乳の配合による食
感や香り、味などの官能試験を行うことで、菌株と発酵条件を設定しました。糖の添加は
酸の生成が促進され、酸味が増すと共に豆乳特有の青臭みが低減され、風味が向上すると
思われたためです。また牛乳の配合は、これによりヨーグルト香が生じ、豆乳特有の青臭
みが低減され、やはり風味が向上することを狙ったものでした。
 最終的に、菌株を選定し、豆乳と牛乳、グラニュー糖の配合比を最適化し、30℃、15~
20時間の発酵工程に加え、2~4週間の冷蔵での熟成を行うことで豆乳ヨーグルトの製造方
法を設定しました。これまでの豆乳ヨーグルトは香料やその他多くの副原料や添加物を添
加して青臭みを抑え、固化させたものでしたが、豆乳を主原料に、牛乳とグラニュー糖だ
けを添加した単純な原料からの発酵で豆乳ヨーグルトを製造することができ、数週間の熟
成で豆乳香を低減させた食品にすることができました。この成果は「豆乳発酵食品の製造
方法」として特許化しています(特開2008-263898号)。
 この度、埋蔵菌としてNBRCに譲渡した乳酸菌株はこの研究の過程で様々な農作物やぬか
床から分離したもので、それらの特性は以下のURLで公開しています。様々な研究や食品
開発、教育などの目的でご活用いただければと思います。

【RD株として公開中の乳酸菌による発酵豆乳の特性】

表1 単離菌株の豆乳固化能及び発酵豆乳の性状
Sucrose濃度(%) 0% 1% 5%
菌株 pH 形状、香、味 pH 形状、香、味 pH 形状、香、味
Lactobacillus sp. RD014594 6 ほぼ液状
豆乳
6 ほぼ液状
豆乳
7 液状
豆乳
RD014595 7 底1/4固化
豆乳香
7 液状
強い豆乳香
7 底1/3固化
強い豆乳香
Lactococcus sp. RD014598 4 しっかり固化
青臭さ
大豆、酸味少
4 柔らかく固化
青臭さ
大豆、酸味
4 柔らかく固化
青臭さ
大豆、甘味
RD014599 4 柔らかく固化
ヨーグルト香
ヨーグルト風味
4 柔らかく固化
強い豆乳香
強い酸味
4 柔らかく固化
豆乳香
強い甘味
FERM P-21288 4 しっかり固化
豆乳香、甘味
ヨーグルト
4 柔らかく固化
強い豆乳香
ヨーグルト風味
4 柔らかく固化
少しの青臭さ
ヨーグルト風味
Leuconostoc sp. RD014602 4 しっかり固化
青臭さ
強い酸味
4 しっかり固化
青臭さ
酸味
4 しっかり固化
青臭さ
滑らか、甘味

表2 発酵時に豆乳に添加する糖類の影響
菌株 Lactococcus sp. Lactococcus sp.
RD014598 RD014599
濃度(%) 官能* 形状、香、味 官能* 形状、香、味
Fructose 1 しっかりと固化、
豆乳香、大豆味・酸味
しっかりと固化、
豆乳香、大豆味・酸味
5 しっかりと固化、
強豆乳香、強甘味・甘酸後味
しっかりと固化、
豆乳香・パン香、
強甘味・酸後味
Glucose 1 しっかりと固化、
豆乳香、酸味
しっかりと固化、
豆乳香・甘酸香、
大豆味少・強酸味
5 しっかりと固化、
強豆乳香、強酸味
しっかりと固化、
1%より強い豆乳・甘酸香、
大豆味少・甘酸味
Lactose 1 しっかりと固化、
豆乳香・青臭香、豆腐味
しっかりと固化、
豆乳香・牛乳香、
大豆味・酸後味
5 しっかりと固化、
豆乳香、豆腐味
しっかりと固化、
豆乳香、豆腐味・低酸味
Maltose 1 しっかりと固化、
豆乳香、大豆味・低酸味
しっかりと固化、
豆乳香・酸香、大豆味・酸味
5 しっかりと固化、
強豆乳香・青臭香、
大豆味・低酸味
しっかりと固化、
豆乳香・酸香、大豆味・甘酸味
Sucrose 1 しっかりと固化、
豆乳香・甘香、強大豆味・酸味
しっかりと固化、
漬物香、強酸味
5 しっかりと固化、
豆乳香・甘香・青臭香、
大豆味・あっさり後味
しっかりと固化、
漬物香、強甘酸味
グラニュー糖 1 しっかりと固化、
豆乳香、大豆味・強酸味
しっかりと固化、
大豆・豆腐香・低豆乳香、酸味
5 しっかりと固化、
豆乳香・豆腐香、低酸味・甘味
しっかりと固化、
低豆乳香・豆腐香、甘酸味
30℃で一晩発酵後、食味検査を行った。
*官能試験 ◎:優良、○:良、△:やや難

 表1、2のダウンロード:https://www.nite.go.jp/data/000100520.pdf【PDF:407KB】

================================================================================
 4.微生物あれこれ(49)
   エアコンに生えるカビ
   ~エアコンから採取したAspergillus属の提供を開始しました~ (佐々木和実)
================================================================================
 初夏、エアコンのスイッチを入れたとたんに、カビの臭いで困った経験はないでしょう
か。エアコンの内部では空気中の水分が冷却されて結露し、構造によっては水がたまるこ
ともあります。また、フィルターには室内のホコリやゴミなどの有機物が付着しています。
水分と有機物が存在するため、エアコンの内部は、室内環境の中でも特にカビが生えやす
いところとなります。
 室内環境で生えるカビは主にクロカビ(Cladosporium属)で、壁やお風呂、台所のすみ
に黒いシミとなって見られます。今までの調査でも、エアコンの中に生えているカビの主
なものはクロカビでした。クロカビが生育できる温度は室温前後で、人の体温では生育で
きないとされています。よって、エアコン内に繁殖してしまったクロカビは臭気等の問題
によりたいへん迷惑な存在ではありますが、人に感染して病気を引き起こすことは少ない
と考えられています。一方、体温以上の温度でも繁殖できる好温性のカビも存在します。
これらは人に感染して病気を起こすことがあり、問題となります。
 カビが原因である病気に、Aspergillus属のカビが人体に感染して発症するアレルギー
性気管支肺アスペルギルス症(ABPA:allergic bronchopulmonary aspergillosis)とい
う喘息が知られています。Aspergillus属は土壌や住環境など、どこにでも存在するカビ
ですが、好温性のAspergillus属は人の体内で生育し悪い影響を与える場合があります。
NBRCでは、エアコンの内部にどのようなカビや菌が存在するかを調査してきました。ABPA
と診断された患者の家庭のエアコン及び室内のホコリより、菌株を採集・分離した結果、
主なカビは、Cladosporium cladosporioidesに代表されるクロカビでしたが、40℃でも生
育する好温性のAspergillus fumigatus、Aspergillus niger、Aspergillus flavus等の
Aspergillus属も多く見つかりました。好温性のAspergillus属が繁殖したエアコンからは、
その胞子も室内に放出されてしまうことが考えられます。分離されたカビと病気との関係
は現在調査中ですが、カビから放散される臭気は不快ですので、エアコンをこまめに掃除
することが重要です。エアコンメーカーも最近はカビ対策エアコンを次々と開発、販売し
ていますので、ご高齢者など抵抗力が落ちている方がいらっしゃるご家庭ではカビ対策エ
アコンの設置を検討してみるのも良いと思います。
 今回、本調査でエアコンより採取したAspergillus属8種をNBRCより提供を開始しまし
た。カビ対策エアコンの開発、空調機器の防カビ性能試験、カビ洗浄の効果判定、資材・
材料の防菌防カビ性能の評価にご活用いただけければと思います。

◆提供を開始したエアコンから採取したAspergillus属
・Aspergillus fumigatus NBRC 113945
・Aspergillus niger NBRC 113946
・Aspergillus flavus NBRC 113947
・Aspergillus awamori NBRC 113948
・Aspergillus nomius NBRC 113949
・Aspergillus terreus NBRC 113950
・Aspergillus brunneoviolaceus NBRC 113951
・Aspergillus sydowii NBRC 113952

図 エアコンから採取したAspergillus fumigatus(NBRC 113945)
     図 エアコンから採取したAspergillus fumigatus(NBRC 113945)
     左:プレート写真(PDA培地、25℃、7日間)右:光学顕微鏡写真

================================================================================
 5.イベントのご案内
================================================================================
  a. BioJapan2019スポンサーセミナー
    「ここまで来た!微生物とデジタルの融合-バイオエコノミーの推進に向けて-」
--------------------------------------------------------------------------------
 BioJapan2019にてセミナーを開催いたします。本セミナーでは、生物資源とデータ基盤
の整備についての取り組みと最新の研究動向をご紹介し、生物資源の活用とデータ基盤整
備を通してバイオ産業の発展を支援するNITEの取り組みについてご紹介いたします。

日時:2019年10月11日(金)10時~11時半まで
場所:パシフィコ横浜 アネックスホール F201会場
定員:120名(セミナー聴講登録先着順)
受講料:無料
URL:https://biojapan2019.jcdbizmatch.jp/jp/ORGSeminar/Info/Main

※セミナーの聴講にはBioJapan2019の来場登録が必要になります。ご登録のうえお申し込
みください。

--------------------------------------------------------------------------------
  b. NBRCの展示
--------------------------------------------------------------------------------
 以下に出展いたします。ブースではお立ち寄りいただいた皆様からのご相談やご質問に
もお答えします。是非お越しください。

Asian Mycological Congress 2019 (アジア菌学会2019)
 日時:2019年10月1日(火)~4日(金)
 場所:三重県総合文化センター
 URL :http://www.amcfungi2019.com/

BioJapan2019
 日時:2019年10月9日(水)~11日(金)
 場所:パシフィコ横浜 展示ホール ブース番号:D-11
 URL :https://www.ics-expo.jp/biojapan/ja/

第14回 ビジネスマッチ東北
 日時:2019年11月7日(木)
 場所:夢メッセみやぎ 展示棟
 URL :http://www.bmtohoku.jp/

第42回 日本分子生物学会年会
 日時:2019年12月3日(火)~6日(金)
 場所:マリンメッセ福岡
 URL :https://www2.aeplan.co.jp/mbsj2019/

================================================================================
 6.各種手数料の改定のお知らせ(再掲)
================================================================================
 NBRCでは、「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針(平成22年12月7日閣議決
定)※1」に基づき受益と負担の適正化を考慮し、実費を勘案した手数料を利用者の皆様
にご負担いただいております。この度、直近の実費に基づき見直した結果、2019年10月1日
より手数料を改定させていただくことになりました。
 また、特許微生物寄託/特許生物寄託に係る手数料についても、告示等※2に基づいて
直近の実費に基づいた見直しを行い、同様に10月1日より手数料を改定させていただくこ
とになりました。
 新しい手数料の額などの詳細は、以下のURLよりご確認ください。今後も円滑な事業継
続に努めて参りますので、利用者の皆様にはご理解とご協力を賜りますよう、何卒宜しく
お願い申し上げます。

2019年10月1日より手数料を改定する業務
◆スクリーニング株(RD株)の提供
◆バックアップサービス(安全寄託、安全保管)
◆L-乾燥標品(アンプル)の調製サービス
◆特許微生物寄託/特許生物寄託に係る手数料

【NBRCの手数料改定に係るお知らせおよび手数料一覧】
 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/information/amendment_of_fee.html
 https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/charge/fee.html

【特許微生物寄託/特許生物寄託に係る手数料の改定のお知らせ】
 https://www.nite.go.jp/nbrc/patent/information/change-charge2019.html

※1 独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針(平成22年12月7日閣議決定)」に
おいて、「特定の者が検査料、授業料、利用料、配布価格、技術指導料等を負担して実施
する事業については、受益者の負担を適正なものとする観点から、その負担の考え方を整
理し、これに基づき、国民生活への影響に配慮しつつ検査料等の見直しを行う。」とされ
ております。

※2 日本国において国際寄託当局が行う特許手続上の微生物の寄託の国際的承認に関す
るブダペスト条約に基づく微生物の寄託等に関する実施要綱を定めた件(平成十四年八月
二日経済産業省告示第二百九十号)、特許微生物寄託等事業実施要綱を定めた件(平成
十四年八月二日経済産業省告示第二百九十一号)

================================================================================
 編集後記
================================================================================
 台風15号の影響で千葉県を中心に多くの地域で停電や断水が発生しました。我が家もリ
アルに被災しました。幸いにして断水を免れ、電気も3日目に復旧しましたが、停電中は
30℃を超える室内で、エアコンや扇風機を使うことができず、汗だくの日々を過ごしまし
た。我が家のエアコンにはカビがいますが、その臭いさえ懐かしいくらいでした。(KY)

◆◇◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
 ・画像付きのバックナンバーを以下のサイトに掲載しております。受信アドレス変更、
  受信停止も以下のサイトからお手続きいただけます。
  https://www.nite.go.jp/nbrc/cultures/others/nbrcnews/nbrcnews.html
 ・NBRCニュースは配信登録いただいたメールアドレスにお送りしております。
  万が一間違えて配信されておりましたら、お手数ですが、下記のアドレスにご連絡
  ください。
 ・ご質問、転載のご要望など、NBRCニュースについてのお問い合わせは、下記のアド
  レスにご連絡ください。
 ・掲載内容は予告なく変更することがございます。掲載内容を許可なく複製・転載さ
  れることを禁止します。
 ・偶数月の1日(休日の場合はその前後)に配信します。第60号は2019年12月2日に配信
  予定です。

  編集・発行
   独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)バイオテクノロジーセンター(NBRC)
   NBRCニュース編集局(nbrcnews@nite.go.jp)
◆◇◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆

ページトップへ

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ